以前にも増して写真撮影が簡単になりました。スマホやタブレットで気軽に写真が撮影でき、家族や恋人との思い出も簡単に残せます。一方で気がかりなのが写真の残し方です。毎日のように写真撮影をすると大量の写真が溜まってしまい、整理整頓の苦労する可能性大です。

写真をアナログで残すなら

カップルの記念撮影は卓上フォトフレームに

家族の思い出写真はリビングの見やすいところに、押しピンやマステで魅せるレイアウトを

大切な一枚は本格的な額縁を購入し、玄関の入り口や書斎に

利便性を重視するならデジタル保管

大量の写真データを保管したい場合はあえてデジタルデータのまま保存するのがオススメです。クラウドストレージやフラッシュメモリーやハードディスクなど多彩な媒体があります。データの方がフォルダ分けやタグ付けがしやすく、大量にある写真の中から目的の物をピックアップしやすいです。

フラッシュメモリーやSDカードは手軽なメディア

写真データをコンパクトな形で大量に残したいのであれば、フラッシュメモリーやSDカードが有効です。これらのメディアの特徴として挙げられるのは、まず手軽であるという点です。たとえば、フラッシュメモリー…

写真枚数が多ければ大容量の外付けハードディスクやパソコン本体に保存を

スマホやデジカメで撮った写真をデジタルデータのまま残しておくと、いろいろとメリットがあります。まず、何万枚保存しても物理的に場所を取られる心配がありませんし、写真で不要な部分を削除したり、あるいは…

万が一の時も安心、クラウドストレージに預ければ思い出を守れます

デジタルカメラやタブレット、スマホなど多種多彩な電子機器で写真撮影が楽しめます。気が付いたら手元の端末に、数え切れない程の家族写真が記録されていた、こんな経験を持たされる方々もきっと多いはずです。…

>

月額のフォトブックのサービス