写真枚数が多ければ大容量の外付けハードディスクやパソコン本体に保存を

撮影データが多くなるとスマホの保存領域がなくなってしまう

スマホやデジカメで撮った写真をデジタルデータのまま残しておくと、いろいろとメリットがあります。まず、何万枚保存しても物理的に場所を取られる心配がありませんし、写真で不要な部分を削除したり、あるいは文字を入れるなどの加工もしやすいです。どれだけ遠方に住んでいる人であってもメールに添付して送信すれば、一瞬で写真を共有できるのも便利でしょう。しかし、撮影した写真があまりに多くなると保存の仕方を少し考えなければなりません。というのは、スマホやデジカメの内蔵メモリはそれほど容量が大きいわけではなく、データを退避せずに残したままにしておくと、いずれ空き容量がなくなって新規に写真データを保存することができなくなってしまうからです。

パソコンに移したあと、データ消失に備える

ではどこにデータを移せばいいかというと、パソコンを所有しているのであればやはりパソコンに移すのが一番いいでしょう。パソコンの保存媒体がSSDでハードディスクに比べると保存領域が小さいという場合は、外付けハードディスクに転送するというのも一つの手です。パソコンにデータを移したらスマホやデジカメのデータは削除しても問題ありませんが、データ消失に備えてパソコン側で画像データのバックアップを行うようにしましょう。 たとえば、無料のオンラインストレージサービスを利用し、ハードディスク内の写真データを転送するのです。この際、ハードディスク内の元データは消さず、そのままにしておきます。そうすることでハードディスクとオンラインストーレージの二カ所にデータが保存され、仮にハードディスクが壊れてしまったとしてもデータを失わずに済みます。